〒468-0011 愛知県名古屋市天白区平針2-1007 第一小島ビル1F
地下鉄 平針駅より徒歩3分

診療時間:10:00~13:00/15:00~20:00※火曜18:00まで  ※土曜19:00まで
 

休診日:木曜・日曜・祝日

ご予約・お問合せはこちらへ

052-848-0081

自由診療・審美歯科診療 詳細・価格表

http://www.koike4ka.jp/514218156 ←詳しくはこちらをクリック  当院での幾つかの審美歯科症例が御覧頂けます。

●ジルコニア セラミック クラウン(シェードテイクあり)オススメ!
132,000円(この金額に消費税は含まれません。)

 

シェードテイクとは

歯科技工士が 直接 患者さんの口腔内からデータをとり

患者さん御自身に合わせて より天然歯に近い 自然な仕上がりの セラミック クラウンを製作する方法です。

言わば セラミック歯のフル・オーダー・メイドとお考え下さい。


   ジルコニア セラミック クラウンとは
 
・従来からあるメタルボンドの内面の金属の代わりに
ジルコニアを使用したものです。

・金属を一切使用しないため、金属が溶け出すことによる歯ぐきの変色、金属アレルギーなどの心配が無く、強度も強いので、奥歯やブリッジに使用することも可能です。

・審美的にはオールセラミッククラウンに多少劣るもののかなり綺麗で、土台の金属(コア)の色が透けるのを防ぐ「マスキング効果」が優れているため、ケースによってはオールセラミックよりも審美的に仕上げることができます。

 

   ジルコニア セラミック クラウンのメリット

・色が歯に似ているので見た目が良い。 

・マスキング効果に優れているため、土台の金属が透けて見えない。 

・ジルコニアは割れにくく、ほとんどの部位に使用できる。 

・金属を一切使用しないので、金属が溶け出すことによる歯ぐきの変色、金属アレルギーなどの心配がない。 

・仮止めで様子を見ることができる。

_________________________________________________

●ジルコニア セラミック クラウン(シェードテイクあり)の 術前→術後です。

●ジルコニア セラミック クラウン(シェードテイクあり)オススメ!

132,000円(この金額に消費税は含まれません。)

_________________________________________________

●ジルコニア セラミック クラウン(シェードテイクあり)の 術前→術後です。

●ジルコニア セラミック クラウン(シェードテイクあり)オススメ!

132,000円(この金額に消費税は含まれません。)

_________________________________________________

●ジルコニア セラミック クラウン(シェードテイクなし)の 術前→術後です。

●ジルコニア セラミック クラウン(シェードテイクなし)オススメ!

110,000円(この金額に消費税は含まれません。)

_________________________________________________

 

ジルコニア自体は、そんなに新しい材料ではありません。

ではなぜ、最近になって歯科で使われだしたのでしょうか?

その理由は、
・ジルコニアの加工技術
・歯科補綴物に要求される精度と物性
が解決されたからです。

金属は鋳造によりワックスパターンと同様の補綴物を作製することができますが、ジルコニアは鋳造できません。ジルコニアで補綴物を作るためには

(1) ジルコニアブロックより「求める型(=ワックスパターン)」を削り出す
(2) 削り出された型を焼成する

これが大まかな流れです。

 

CAD/CAMの進歩がジルコニア補綴を具現化

模型を3Dスキャナ(CAD装置)でデータ化しソフト上で「求める型(=ワックスパターン)」を設計します。

そして「求める型(=ワックスパターン)」のデータをミリングマシーン(CAM装置)に送ると・・・ジルコニアブロックを求める型に削り出してくれる(ミリング)わけです。

もちろんジルコニアを焼成すると寸法変化しますので、その点も加味して削り出されます。

このように、データ処理や工作機械技術が進歩したために、今まで歯科には応用できなかったジルコニア補綴が具現化できたのです。

 

先に、「ジルコニア補綴物は、ジルコニアブロックをCAD/CAMで削り出して作製する」ことをお話しました。次に、このことを踏まえつつ、各社のジルコニア補綴物の差はどこにあるか考えてみてください。

それは以下のポイントです。

・原材料であるジルコニアブロックの品質
・CAD/CAMのプログラム

CAD/CAMプログラムは補綴物の適合に関係する部分ですが、プログラムデータの改善は常に行えるため各社とも努力され、各社の差は縮まってきていると思われます(臨床的に問題になるほどの差ではない)。

では「ジルコニアブロックの品質」についてはどうでしょうか?
そもそもの素材の話なので、そう簡単に改良・改善・変更することはできません。

一般的に一流メーカーのジルコニアブロックは適切な素材で作製されておりますが、そのほとんどは海外で製造されており(クラレノリタケデンタルの刀 (カタナ katana)除く)、近年では中国製の安価なブロック(偽ブロック?)も徐々にグローバル市場に流れ始めているようです。

_________________________________________________

ノリタケデンタルサプライのKATANA System


基本的に日本では歯科ディーラー網が密なため、偽ブロックが入り込む余地は小さいですが、今後、通販や海外からの直接買付が増加するとその限りではありません。

そのような中、唯一の純国産ジルコニアブロック(刀(カタナ katana)システム)があります。今日、様々なジルコニア補綴物が提供されていますが、刀(カタナ katana)は、純国産であるため製品管理という点で安心してチョイスできるジルコニア補綴物であると考えられます。

当院では上記、ノリタケデンタルサプライのKATANA Systemを使用して
ジルコニアを知り尽くしたベテラン歯科技工士が ジルコニア セラミック クラウン を製作致します。
安心してお任せ下さい。

_________________________________________________

●メタルボンド冠(シェードテイクあり)の 術前→術後です。
●メタルボンド冠(シェードテイクあり) 

132,000円(この金額に消費税は含まれません。)

_________________________________________________

●メタルボンド冠(シェードテイクあり)の 術前→術後です。

 

メタルボンド冠とは中身は金属で、外から見える部分にのみセラミック(陶器)を貼り付けたクラウン(被せ物、差し歯)です。(陶材焼付鋳造冠とも呼ばれます)

見た目が良く変色せず、強度も強いので非常によく使用されます。

当院では中の金属に貴金属を使用しております。それにより金属が溶け出すことによる歯ぐきの変色、金属アレルギーなどが起こる可能性を極限まで抑えています。

貴金属はハイプレシャスメタルとセミプレシャスメタルを症例によって使い分けます。

基本的に単冠ではヘレウス社のバイオセラムプラス、ブリッジではアサヒプリテック社のセミプレシャスメタルを使用しています。

バイオセラムプラス 
メーカー名:ヘレウスクルツァー
許可NO:22100BZX00391000
■成分: 金90.0%, 白金7.9%, その他 2.1%
ドイツの黄金色歯科陶材焼付用金合金

ハイプレシャス系
■深みのある黄金色
■研磨・艶出し作業が短時間
■ロングスパンブリッジにも対応できるタフな物性
■高カラット貴金属合金なので鋳造・焼付・ロウ着作業がスムース
■ほとんどの市販陶材と調和

_________________________________________________

●メタルボンド冠(シェードテイクなし)の 術前→術後です。
●メタルボンド冠(シェードテイクなし) 

110,000円(この金額に消費税は含まれません。)

_________________________________________________

●白い詰め物 ハイブリッドインレーの 術前→術後です。
●白い詰め物 ハイブリッドインレー (ハイブリッドセラミックで出来た詰め物のことです)オススメ!

小臼歯 35,000円(この金額に消費税は含まれません。)
大臼歯 50,000円(この金額に消費税は含まれません。)


奥歯に白い詰め物を御希望の方には、ハイブリッドインレーを使って治療致します。

 

   ハイブリッドセラミックの特徴

・ハイブリッドセラミックは、天然歯に近づけた白さを表現することが出来ます。
・ハイブリッドセラミックとは(陶材)と(光重合硬質レジン)の中間的な素材です。
・制作・修理に要する日数が少なく、金属アレルギーの心配がありません。

当院のハイブリッドインレーは、下記のメーカーのハイブリッドセラミックを使用して製作されています。

クラレ ノリタケ デンタル株式会社 (歯科材料メーカーでは国内トップクラスです)
・商品名 エステニア
・管理医療機器 医療機器承認番号21500BZZ00534000

 

エステニアは
無機フィラー92wt%(重量比)と、ハイブリッドセラミックの中ではフィラーの密度が非常に高く、セラミックに近い物性を持っているのが特徴です。 

このエステニアを使って、30年以上のキャリアを持つベテラン歯科技工士がハイブリッドインレーを製作致します。

自由(自費)診療となります。
ご希望の方は受け付けスタッフもしくは院長に御気軽にお尋ね下さい。

_________________________________________________

●ファイバーコア
15,000円(この金額に消費税は含まれません。)

 

ファイバーコアとは、グラスファイバーという特殊な素材でできた、歯の土台のことです。

歯の土台は、いわゆる差し歯をつくる際に必要不可欠なもので、神経の治療後、 土台を作ってから実際の目に見える歯の部分をクラウン(かぶせもの)を制作します。 以前までこの土台の部分を作る材料には金属が主流でした。 (現在でも、保険治療では金属か、金属の芯棒を使ったプラスチックの土台しか認められていません) 

そして保険の金属材料の欠点として、銀(シルバー)で出来ている為、様々な要素が重なることで 酸化、所謂 錆びてしまうという欠点がありました。

また、保険の金属材料の欠点として、歯根のしなり具合よりも金属の方が固いため、 根の先で力が集中し、根が割れてしまうことがありました。

更に、金属が溶け出し歯茎が黒くなってしまうこともあります。 これらの欠点を克服するために開発されたのが、ファイバーコアです。

ファイバーコアとは、グラスファイバーの繊維を何十にも束ねたガラス繊維強化型樹脂です。 近年ファイバーコアの注目度は徐々に上がってきています。

_________________________________________________

右側が ゼノテック システム の フル ジルコニア クラウン です。

●フル ジルコニア クラウン
60,000円(この金額に消費税は含まれません。奥歯にしか使用できません。)

 

近年、デジタルCAD/CAMシステムはめざましいスピードで進化しており、 今後の歯科補綴に必要不可欠なものになると言われています。
模型をスキャンしてデータを作り
無垢のジルコニアのブロックから
削り出して製作した被せ物を
フル ジルコニア クラウン と呼びます。

単冠からブリッジまで幅広いケースに対応できるシステムですが
ジルコニア セラミック クラウン のような、天然歯に近い色調再現が難しいため
奥歯のみの治療に限定されます。

当院では フル ジルコニア クラウン には ゼノテック システム を使用しております。
デンタルCAD/CAMシステムの中でも ゼノテック システム は、すばらしい適合と確かな強度で高い信頼性を獲得しています。

比較的安価で、奥歯に白い被せ物を希望される患者様にオススメです。

_________________________________________________

●GOLD のインレー (詰め物)
50,000円(この金額に消費税は含まれません。)
●GOLD のクラウン (被せ物)
100,000円(この金額に消費税は含まれません。)


当院では、保険外(自費)の金属のインレー (詰め物)やクラウン(被せ物)には白金加金合金(金にプラチナを加えたもの)を使用しております。

保険の金属と違い貴金属である白金加金合金の詰め物は腐食しません(錆びません)。

保険の金属の問題点であった金属の溶け出しによる二次的な虫歯の防止、歯や歯ぐきの変色、金属アレルギーを防ぐという点でアドバンテージがあります。

また、硬すぎず、適合も良いというメリットがあります。

 

当院では開院当初から自費の金属につきましては、世界的に有名なドイツ ヘレウス社の白金加金合金を使用しております。

更に、ヘレウス社の生産している白金加金合金の中でも最も優れた金属である「バイオマインゴールドSG」を使用しております。

因みに院長自身の口の中に20年以上前のヘレウス社の白金加金合金の詰め物が入っています。

当院の歯科技工士の口の中にも20年以上前のヘレウス社の白金加金合金の詰め物が入っています。

 

当院の
GOLD のインレー(詰め物) や GOLD のクラウン(被せ物)に使われる
ドイツ ヘレウス社の「バイオマインゴールドSG」という金属についての詳細です。

是非ヘレウス社のホームページも御覧下さい。

バイオマインゴールドSG
メーカー名:ヘレウスクルツァー
許可NO:22100BZX00385000
■成分 Au-71.0%,Pt-3.9%,Ag-12.3%,Pd-0%,Cu-12.2%,、その他(Zn,Ir)0.6%
主な特徴
■ハイカラット鋳造用生体親和性(タイプ4相当)合金です。
■アレルギーに敏感な患者さんにお薦めしたい高純度な生体親和性鋳造用合金です。
■純金に近い輝く黄金色は、他を追随させません。
■熱安定性をもった時効硬化型メタルで、鋳造後HV250を実現、クラウンブリッジからミリングワークまで使用できます。
■耐蝕性に優れ、鋳造性も良好です。

_________________________________________________

●GOLD の価格について

GOLD のインレー (詰め物)の金額は
 5万円です。

GOLD のクラウン (被せ物)の金額は
 小さいもので8万円
 大きいもので10万円です。

GOLD のメタルコアの金額は
 大臼歯 5万円
 小臼歯 4万円
 前歯 3万円です。

 尚、白金加金合金は 通常 PGAと略されますが
 プラチナ ゴールド アロイの頭文字をとって
PGAと呼ばれます。

ヘレウス社の
 バイオゴールドとは? 

 1 口腔内のph(ペーハー)に左右されず耐食性に優れ、イオン溶出が少ない合金です。 

 2 金、白金を多く使用した、ひとのからだにやさしい金属元素のみで作られている合金です。 

 3 純度の高い金属元素で作られている合金です。 

 4 ひとの歯に近い硬さを持つ合金です。 

これらのすべての条件を満たしている合金をバイオ合金と呼んでいます。
コア・インレー・クラウン・ブリッジに使用されます。
バイオ合金は、金属アレルギーを持つ患者様の治療に効果的であることがこれまでの臨床実績で確認されています。

_________________________________________________

●ノンクラスプデンチャー(バイオプラストとバイオトーン)針金を使用しない入れ歯です。オススメ!!

 

バイオプラストとバイオトーンの各々の特徴をお知らせします。

 

①バイオプラスト(バルプラストと同じポリアミド樹脂という材質です)

主に、小さな中間欠損症例(3歯以内)や片顎の遊離端症例(3歯以内)に使います。

 

②バイオトーン(バルプラストと同じポリアミド樹脂という材質です)

主に、多数歯欠損症例(4歯以上)や両側の遊離端症例(4歯以上)に使います。

 

デンケン・ハイデンタル株式会社によって製造されています。

メイド・イン・ジャパンです!!

 

3歯以内のもので 60,000円(この金額に消費税は含まれません。)
4歯以上のもので 80,000円(この金額に消費税は含まれません。)

 

部分入れ歯は金属製のバネを使用しているため、見た目に悪いだけでなく、バネを引っかける歯に大きな負担をかける欠点がありました。この弱点を改良するために1940年代から研究が進められ、1956年に世界最初のノンクラスプデンチャー「バルプラスト」がアメリカで開発されました。

金属製のバネを使用しないため、目立たず審美性に優れています。また、入れ歯を薄くできるため、軽くて違和感が少ない特徴があります。

バルプラストは世界95ヶ国以上で使用されています。日本では2008年に厚生労働省に認可され、本格的に使用が始まりました。当院では、2005年よりバルプラストを使用した治療をおこなっていました。

その後、2019年よりデンケン・ハイデンタル株式会社によって開発されたバイオプラストとバイオトーンを使用するようになりました。

バイオプラストとは、基本的な材質はバルプラストと同じで、バルプラストを更にアップデートして開発された商品です。

またバイオトーンは、バルプラストやバイオプラストが適用不可能な多数歯欠損の症例に合わせて開発された商品です。

バイオプラストとバイオトーンはどちらも、デンケン・ハイデンタル株式会社(国内メーカー)による国内生産品です。

_________________________________________________

●バルプラストの特徴

他のノンクラスプデンチャーと比較して、下記の特徴があります。


高い実績
バルプラストが開発されてから50年以上の歴史があり、日本だけでなくアメリカ、ヨーロッパなど多くの国で、多くの人に使用されています。最も代表的なノンクラスプデンチャーです。


柔らかい、装着感に優れる、壊れにくい
エステショットに使用されている材料「ポリエステル樹脂」、ジェットカーボ義歯などに使用されている材料「ポリカーボネート樹脂」に比べると、バルプラストに使用されている材料「ポリアミド樹脂(ナイロン)」は、柔らかい特徴をもちます。

柔らかいため、痛みが出にくく、装着感に優れます。落としたり踏みつけても壊れにくい、割れにくいといった特徴もあります。バルプラストは、ポリアミド樹脂(ナイロン)を使用したノンクラスプデンチャーの中では最も柔らかい樹脂でできています。

ご予約・お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せ・ご予約はこちら

052-848-0081

診療時間:10:00~13:00/15:00~20:00
  ※火曜18:00まで  ※土曜19:00まで

 

休診日:木曜・日曜・祝日

診療時間

診療日
 
午前××
午後××
診療時間

午前 10:00~13:00
午後 15:00~20:00

火曜のみ18:00まで

休診日

木曜・日曜・祝日

ご予約・お問合せ

お気軽にご連絡ください。

052-848-0081

アクセス

052-848-0081

住所

〒468-0011
愛知県名古屋市天白区平針
2-1007 第一小島ビル1F

地下鉄 平針駅徒歩3分